パートだと損だと思うことは、とにかく賃金が安いことです。

パートだと損だと感じた瞬間

パートだと損だと思うことは、とにかく賃金が安いことです

パートだと損だと思うことは、とにかく賃金が安いことです。
当たり前と言えば当たり前ですが、職種によってバラツキはありますが、時間当たりの賃金比較では正社員の三分の一前後でしょう。パートの年収が103万円を超えると所得税がかかってくることもあり、仕事をすればいいというものでもありません。また、パートの年収が130万円を超えると夫の扶養から外れます。
それと経営者の方がパート従事者を軽く見る傾向があるのも考えられます。そんな意味で、パート従事者は仕事をしているのに関わらず、なにか気分的にハンディが付いているような気分があるのも事実です。
それとやっている仕事が軽労働的なものが多く、正社員の仕事に比べれば仕事が軽く感じられます。
このように比較的にパート職に就くのは容易ですが、正社員のもとで働くと精神的にわだかまりが生じやすいもので、こんな時損な立場だと思うことがあります。
しかしこれらのハンディに負けてはいけません。仕事自体は立派で重要なものだからです。

関連情報

Copyright (C)2017パートだと損だと感じた瞬間.All rights reserved.