不景気な時代であり、正社員であっても給料があまり上がりません。

パートだと損だと感じた瞬間

不景気な時代であり、正社員であっても給料があまり上がりません

不景気な時代であり、正社員であっても給料があまり上がりません。夫の収入が上がらないので、専業主婦をいつまでもしているわけにはいかず、パートとして働き、夫婦でともに家計を支える必要が出てきています。
夫の扶養に入っている場合は、年金や健康保険料を支払う必要がないのは大きいです。

しかし、パートとして収入を得るようになり、労働日数や就業時間が長くなれば、自分で社会保険に加入をして保険料を支払うことになります。パートなので正社員に比べると手取りは少ない状況です。
少ない手取りで社会保険料が天引きされると、かなり給料が少なくなってしまい、パートは損だと感じる瞬間です。

とはいえ、不景気な時代においては何とか収入を増やさなければ生活が困難なので、できるだけ労働時間を増やして頑張るようにしています。結構予定を入れてもらい頑張った月でも、手取りが少なく感じて残念ですが、なんとか生活のためにやり続けようと思っています。

Copyright (C)2017パートだと損だと感じた瞬間.All rights reserved.