正社員・派遣社員・契約社員・パート・・・働き方は様々で、今の社会では個人個人が自分のライフスタイルに合った働き方を選んでいます。

パートだと損だと感じた瞬間

正社員・派遣社員・契約社員・パート・・・働き方は様々で

正社員・派遣社員・契約社員・パート・・・働き方は様々で、今の社会では個人個人が自分のライフスタイルに合った働き方を選んでいます。
私は現在、正社員として働いていますが、同じ職場の仲間にはパートで働いている方もたくさんいらっしゃいます。そんな中で「パートだとやっぱり損だな」と感じることも多々あります。それは、「会社はパート社員にはコストをかけてくれない」ということが根本になっていることがほとんどです。
正社員ならば教育・福利厚生・社会保険などいろいろなコストを会社に負担してもらえます。
しかし、パートにはそれらのコストはかけてくれません。それどころか、経費がかさんだ場合に真っ先にカットされてしまう立場でもあります。
またパート社員の場合、労働時間・労働日数が正社員の3/4以上になり、それが3カ月以上続いた場合には社会保険(健康保険・厚生年金)の加入義務が生じます。私の勤め先でも、社会保険労務士の指導が入り、このことが問題になりました。
その結果、パート社員は労働時間に制限がかかるようになり、思った分のお給料が稼げなくなってしまったようです。
その為、数か所かけもちで働く方も出てくるような事態になっています。もちろん、その分責任の少ない立場であるので残業などはありません。

しかし、これだけを見てもやはり雇い主に対して、非常に弱い立場であるというのは明白です。
「自分に合った働き方を選ぶ」という観点から見ても、継続して安定した収入を得たいと思う方は、その他の働き方を検討したほうが良さそうですね。

Copyright (C)2017パートだと損だと感じた瞬間.All rights reserved.