家事や家の都合によってフルタイムでの就業が難しくなった場合、パートタイムという働き方を選べるということは、とてもありがたいことだと思っています。

パートだと損だと感じた瞬間

家事や家の都合によってフルタイムでの就業が難しくなった場合

家事や家の都合によってフルタイムでの就業が難しくなった場合、パートタイムという働き方を選べるということは、とてもありがたいことだと思っています。
しかしこれはパートタイマーである以上仕方のないことですが、やはり何かあれば一番に職を失う立場だということを感じた時は、正社員さんを羨ましいなと感じることがあります。
ほとんどがパートタイマーで回っているような職場ではあまりないかもしれませんが、正社員さんに混じってお仕事をするようなところではやはり所々差別化を感じることもあります。正社員の方と同じぐらいの時間数の勤務があれば保険の加入や有給などの制度をとらせてもらえるなど、この頃では随分と待遇も良くなってきていますが、それでもやりがいを感じられるような内容の仕事はやはりパートには回ってきません。
同じような仕事をしていてもお給料の面で差が出ます。もっとシフトを入れたいなと思ってもそうはいかないなど、パートとしてできる仕事には限界があるというのが実際のところです。
損をすることも多いように思えますが、それでも自由な勤務体系をとれるのはパートタイマーの最大のメリットなので、どちらを選ぶかは自分次第ということなのかもしれません。

Copyright (C)2017パートだと損だと感じた瞬間.All rights reserved.